本文へスキップ

暮らしの手続き(遺言・相続・終活)に悩んだら

電話番号03-6382-5616

友だち追加

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-30-14
天翔代々木ANNEXビル403号室

そのエンディングノート、完成させて安心な老後を迎えませんか?

こんなお悩みをお持ちの方に最適サービスです 
エンディングノートの「ノート」だけはあるけど書いていない
ご家族の銀行口座がどこにあるのか把握していない
介護や葬儀の意向を話ていない/把握していない
両親に何かあっても兄弟で協力したい、揉めないようにしたい
親は「終活やるやる」と言っているけど、本当にやってくれる?

「いざ」というときに備えるエンディングノート

皆さんはご家族に自分の事をどれだけお話していますか?
また、ご両親のことをどこまで知っていますか?

  • 取引銀行は?
  • 大事な書類はどこに保存している?
  • 服用しているの種類は?
  • 介護葬儀の希望・本音は?


今はまだお元気だから把握する必要性を感じないかもしれません。

では本当に必要となったとき、ご家族はどれだけ冷静に対応出来るでしょうか。
突然の出来事に、気が動転して冷静な判断が出来ないという方がほとんどなはずです。

そんなときのために備えるのが、
エンディングノートです。

「親の気持ちが知りたかった」「希望を伝えておけばよかった」
と後悔しないために。


エンディングノートはただの備忘録ではなく、お気持ちも残すことが出来ます。

モヤモヤを減らすためにも、お元気な時からの終活をおすすめします。


お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。

終活スタートプラン  


※ご家族割引・ご夫婦割引などもご用意していますので詳細はお問い合わせください。

どんなことをしてくれるの?

  • 今後のお悩みをお話ください


    相談風景

    まずはどんなお悩みがあるのか、ヒアリングシートに沿ってお話をしてください。小さなお悩みでも構いません。

    ご自身でお持ちのエンディングノートを使用する場合にはそれを使用しますが、それ以外のお客様には弊所で利用している冊子または弊所オリジナルのエンディングノートを使用します。最初にお会いした際にご希望を伺います。

    ご本人とご一緒に、エンディングノートに残す内容を考えていきます。

    また、ご家族に宛てたメッセージの文章もご一緒に考えていきますので、普段から感謝の気持ちを家族に伝えていないという方でも大丈夫。
    こんな機会でないと伝えられない「想い」を文章にして残してみましょう。

    必要に応じて、専門家のご紹介なども行う場合があります。

  • 納品


    ・弊所オリジナルのエンディングノートを使用する場合
    →印刷したものをフォルダにファイリングした上でお渡しします。
    ※冊子にしたい場合は別途、業者にお支払いする費用が発生します

    冊子を使用する場合
    →ご自身でご記入いただきます。完成した上でそのままお渡しします。

    ご自身のエンディングノートを利用する場合
    →ご自身でご記入いただきます。完成した上でお渡しします。





お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。

任せて安心

ご家族の皆さんにとっては…

相続を見据えた終活が出来る
遺言・相続の専門職が対応します。のちにやってくる相続を考慮した上で作成するのでご家族の皆さまも安心です。相続税が発生しそうな金額の財産をお持ちの場合には税理士をご紹介することも可能です。

本人の想いを知ることで迷ったときの道しるべに
いざというときに親の意向を知ることが出来ます。慌ただしい中ですすめなければならない葬儀の際にも、エンディングノートがあればご本人様の意向を考慮した葬儀をが出来ることで後悔しないように…。
また、お気持ちを残すことで親族の皆さまの納得も得やすくなります。

ご本人様にとっては…

想いを文章にするのが苦手でも、特に考えがなくても大丈夫
世間話をするように普通にお話してくだされば大丈夫です。何度か打ち合わせをしていくうちに「これはこうしたいな」とご希望が見つかってくださる方が多いので、ゆっくり考えていきましょう。

「気づき」を得て、今後の人生の充実度を増す
大切な方へのメッセージを考えたり、これまでの人生を振り返ることで、こんなに多くの人にお世話になった、このおかげで今の自分がいる、など色々な「気づき」を得られます。
これから先の長い人生も改めて考える機会になってくだされば…。


お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。

私が対応します


行政書士/終活カウンセラー

小林 直代

愛知県名古屋市生まれ
国学院大学法学部法律学科卒業

父の相続での苦労経験や、法律事務所の勤務経験を活かし、現在、相続・遺言・エンディングノートの手続・作成支援をメインに事業展開。
より話やすい、より身近な専門家となれるような事務所を目指している。

【経歴抜粋】
2016年12月
事務所開業
2017年11月
『開業リアル座談会』パネリスト
2018年2月
伊藤塾主催『明日の行政書士講座』パネリスト
2018年8月
終活カウンセラー初級取得
2018年12月
上智大学グリーフケア研究所主催グリーフケア公開講座受講修了
2019年2月
一般社団法人日本グリーフケア協会 グリーフケアアドバイザー2級終了


自分の親の相続を経験して、思うところがありました。

相続・遺言の専門職として遺言を残してほしいのはもちろん、
エンディングノートにも注目して欲しい。

エンディングノートが家族にとってのグリーフケアにも繋がるのではないかと考えているからです。
※グリーフケアとは…ブログをご参照ください

作成したエンディングノートで家族が思い出を共有したり、
子どもの知らない親の一面を垣間見れたり。

せっかく終活を始めてくださるからこそ、
普段は聞けない親の想いを知るきっかけになれば良いな、と。

面と向かって言えなくても、第三者が入れば言えることもあります。

お父さん、いつも無口なのにこんな風に思っていたんだ。
お母さん、こんなに大変だったんだ。

今しか聞けない、今だから聞ける親の想いを、ぜひカタチに残してください。


 カモミール行政書士事務所の3つのお約束
 弊所では大事にしていることが3つあります。詳しくはこちら

【所在地】

東京都渋谷区代々木のカモミール行政書士事務所地図

  • JR「代々木」駅
  • 都営大江戸線「代々木」駅
  • 副都心線「北参道」駅
  • 小田急線「南新宿」駅
  • JR「新宿」駅

東京の渋谷区代々木にあり、代々木駅だけでなく、新宿駅も利用出来る交通の便利な場所です。都心にも関わらず、近くに明治神宮があるなど静かな環境なので、落ち着いてゆっくりとご相談されるには最適な場所です。

…詳しくアクセスへ



お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。

終活ブログ更新中!

終活はいつから始める?若いうちに始めた方が良い3つの理由

【終活はココから】終活を始めるときに考えること

終活で自分史を作成するには。書き方のコツをご紹介

おひとりさまの終活~墓じまいを通して~

死亡時の手続きアレコレ【エンディングノートで事前準備も】


エンディングノート&エンディングノートを学べるE-bookを無料プレゼントしています♪
メールアドレスとお名前(苗字のみでOK!)をご入力くださればどなたでもご覧になれます。
この機会にぜひダウンロードしてみてください。

無料ダウンロード

お客様の声

  • 遺言・相続手続きをご依頼してくださったK・F様から
     この度はおかげ様で無事に終わり、今ホッとしている所です。このような相続関係は初めての経験でしたのでとても助かりました。高齢の姉にも優しく接していただき感謝しております。(個人情報のため一部修正・省略)

    ※直筆のお手紙をいただきました。

  • 相続手続きをご依頼してくださったT様から
     平日になかなか動けないので柔軟な対応をしてくださり、ありがとうございました。気さくに接してくださったので安心してお任せすることが出来ました。

    ※メールにていただきました。

  • 遺言書を作成されたM・T様から


    (文)元気なうちにと独り身となっていた叔母と60代の両親の3件の遺言書の作成をサポートしていただきました。毎回私の帰省に合わせ、それぞれとオンラインでミーティングをしていただき、ありがとうございました。父が、あれだけ自分のこれまでや家族への想いを言葉にしてくれたのは直代さんだからです。素晴らしい遺言書が完成し、安心が増しました。完成してたった1年、大好きだった叔母が急に亡くなりましたが、直代さんのお力を借りて叔母、そして親族に貢献でき良かったと思うばかりです。心から感謝しております。

    ※その他、メールにて「疑問に思ったことは全て訊くことができ、作成したから安心という以上に、全てクリアだから安心という状態になりました。」とのメッセージもいただきました。

  • 遺言書を作成されたN・K様から


    (文)「遺言書」等は、関係がないと最近思っておりましたが、人生のけじめとして、財産があるないにかかわらず必要と痛感しました。はかない短い人生でしたが、心残りのないよう記します。

  • エンディングノートを作成されたK・M様から
     終活は将来のために必要なことと思いました。何故ならば世の中があまりにもゴタゴタしてきました。エンディングノートは将来必ず役に立つと思います。

    ※直筆のお手紙をいただきました。(個人情報のため一部修正・省略)


終活・エンディングノートに関するよくある質問


問い合わせフォーム


お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。


対応エリア :
●東京都
渋谷区、新宿区、練馬区、中野区、板橋区、杉並区、世田谷区、目黒区、大田区、品川区、豊島区、文京区、荒川区、北区、台東区、墨田区、千代田区、港区、中央区、足立区、江戸川区、江東区、葛飾区、三鷹市、武蔵野市、西東京市、狛江市、調布市、多摩市、町田市、府中市、小平市、国分寺市
●神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市
●埼玉県
さいたま市、所沢市、川口市、戸田市、草加市、越谷市、春日部市、和光市、入間市、川越市、飯能市
●千葉県
千葉市、浦安市、市川市、松戸市、柏市、流山市

その他のエリアについてもお気軽にご相談ください