本文へスキップ

遺言作成・相続手続サポート、創業融資なら

電話番号03-6382-5616

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-30-14
天翔代々木ANNEXビル403号室

遺言書について知る >

遺言について知る!基礎知識

  • 遺言はどうして必要?

    そもそも遺言を作る必要性は?どんな場合に遺言が必要になるのか事例別でご紹介

  • 遺言で出来ることは?

    遺言で何が書けるの?エンディングノートとの違いは?

  • 遺言を書くと決めた。どんな種類がある?

    遺言を書くと決めたら、次にどの遺言にするか決めましょう。よく作成されるものには自筆証書と公正証書があります。その違いを解説します。

  • 自筆証書遺言

    パソコンで書いてもいいの?無効にならないように作るには?

  • 公正証書遺言

    公証役場で作成するまでの手順、費用は?

  • 祭祀承継者って何する人?

    親の遺言をみたら「祭祀承継者」に指定されていた。そもそも祭祀承継者って何をする人?

  • ビデオターで遺言を残す?!

    ビデオで遺言を残しても有効になるの?

  • 遺言Q&A

    よくある質問をまとめました。

遺言コラム①遺言の読み方

一般的には「ゆいごん」と呼ばれることが多いですが、「いごん」と言う場合もあります。特に士業であったり、公証役場では「いごん」という場合が多いです。
インターネットで検索するときは、「遺言」「いごん」「ゆいごん」でどれでも検索しても「遺言」にとたどり着きます。私もなるべく一般的なゆいごんと言うようにしてはいますが間違えていごんと言ってしまう場合もあります。どちらで言っていても遺言のことなんだなと思っていただければと思います。

遺言コラム②遺書と遺言の違い

「遺書」というと亡くなる前に書き残すメッセージで、「遺言書」は法律で書き方が決まっており、法的な効力を持つものです。 ここで注意しなくてはいけないのは、ご両親から「遺言はちゃんと書いてあるから!」とお伝え 聞いている場合には「自筆証書遺言」となっていなく、もしかしたら「遺書」になってしまって いる可能性がありますので、それとなくご両親に確認していただくといいかもしれません。

お問い合わせは03-6382-5616またはメールフォームからご相談ください。